建築条件付き土地のメリット

土地を建築条件付き南東角地に決めた理由

建築条件付き土地のメリット

さっそく今回の土地の決め手ですが。

・地盤の状態

・前面の私道の共有持分

・ゴミ捨て場の位置

・境界線のブロック塀

などなど様々なトラブルの種になりそうなコト全て工務店さんがすでに対処してくださっているという安心感が高ポイントでした。

(各敷地に標準で防犯灯も設置していただけるそうで!)

工務店さんにもよるかと思いますが、私たちが依頼しようと考えているところはボーリングの結果、地盤が柔らかいと判断された場合の基礎は全て工務店負担でやってくださるのです。

普通の売地だとそうはいかないです。

購入したら不動産屋さんはそれで終わり。

購入してからボーリングして、 初めてわかる地盤の状態。

それ以外にも水道管の太さ浄化槽の入れ替え外構費用など不確定要素はたくさんです。

いくらかかるかわからないという金銭的リスクはできる限り負いたくない(*´-`)

そしてもう1つ、ここでお願いしたいと思った理由があります。

建物を建てるという肝心な作業を、現場近くの下請けにその都度丸投げという会社が少なくないそうです。

でも依頼しようと考えているところはその工務店さんのお仕事のみ請け負っている、専属の職人さんが建ててくれます。

その場限りの請負契約ではないので信頼関係や技量も確かな気がしました。(←素人なので実際はわからない笑)

実際担当の方と現場の方は仲が良さそうでした。

Advertisment

私たちが見学に行ったときも職人さん達はキチンとあいさつしてくださりマジメそうでとても感じが良かったです。

そして、土地でも建物でも不具合は全て工務店さんに言えば対応していただけるという管理のしやすさも建築条件付きならでは、ではないでしょうか。

長期的な安心を買うイメージです。

正直フタを開けてみるまで眼中になかった、工務店さんが持っている建築条件付き土地ですが(ゴメンナサイ)、工務店さん次第では良いのかもと考えが改まりました。

デメリット

こればかりは工務店さんの誠実さが問われるところなのですが…。

土地の契約時にはおいしいことを言っておいていざ建ててみたら、予算通りにいかなかったり、工事が手抜きだったり…ということが十分に考えられます。

また、土地の契約過程で不快な出来事があっても会社を変えられないですよね…。→9/22追記:完成が目の前までやってきました。やっぱり人対人のやりとりで作りあげていくものなので、振り返ってみるといいことばかりではなかったです…。その都度フォローしてくださる営業さんだったので全体的には良かったなぁと思っていますが。

最後に

今回は建築条件付き土地のメリットデメリットについて考えてみました。

かなり主観的なのでメリットが多く書かれていますが、営業さんが信頼できそうか、経験豊富で工務店と自分たちの間にきちんと立って下さる方なのか(これができない人だと値切れませんから)、個人的にキライではないか(これは当たり前ですね)等、見定めてから土地や会社を決めてみてください。

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です