COVACOと注文住宅

COVACO vs フリープラン

新年あけましておめでとうございます。

ノロノロ更新ですが、実際のマイホーム計画の進みはこんなもんですよ、ということでご容赦ください。

今年もよろしくお願いいたします!

さっそく、フリープランの平面図が年末に届いていたので改めて検証します。(遅いよ)

COVACOと同じく3LDKで、リビング16畳・部屋①8畳・部屋②7畳・部屋③6畳。

お部屋の広さと数はこれから子供があと1人くらい増えても問題なさそうです。

ただし、フリープランなのでCOVACOと比較して少し費用が不明確です。

COVACOは本体価格が固定されていているのでオプションを調整するだけなのに対して、

フリープランだとゼロからの加点方式、といった感じでしょうか。

ともかく1/11にフリープランの費用明細を送っていただけるとのことなので、そこは後々詰めていきましょう。

f:id:labra0403doll:20170218135955j:plain

ちなみにCOVACO24坪は、廊下らしい廊下がありません笑

玄関からあがったところの1畳くらいのホールのみ。

LDKからお風呂・洗面脱衣所が直結です。

少し変わっているかもしれませんが私は非常に気に入っています。

だって専用の暖房いれなくてもLDKと扉一つなので冬でもあたたかい(*^_^*)

残念ポイントは2つ。

一つ目はお手洗いに窓がつかない、ということ。

Advertisment

今すんでいるところはお手洗いに窓がありません。

朝でも夜でも電気をつけないと真っ暗笑

マンションなので当たり前なのですが、窓欲しいなー。

換気になるし、明るいお手洗いって好きなんです。

二つ目は玄関が東向きになってしまう、ということ。

玄関は当初南向きを希望していました。

先日見学したCAMPも南向きの玄関ですしね。

でもCOVACOは少し横に長いので私たちのところだと幅が足りない(ー_ー)

なのでフリープランが話題に上がっています。

まぁでもこれは妥協できそうなので最終的には我慢しちゃうかもです。

次の記事で、いただいたパンフレットにある間取りモデルを載せていきます(^^)

ご検討されている方のお役に立ちますように!

関連記事

COVACOの屋根の色の見本が届きました! – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫

COVACOの水回りは「モイス」を使用しているらしい。 – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫

各ラインの価格表はこちらでご覧いただけます ↓

※工務店さんによって価格が異なるので激甘モザイクがついています。ご了承ください。

ローコスト住宅につきもの!グレーな付帯費用とは?② – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です