建物価格を値切る

ローコスト住宅につきもの!グレーな付帯費用とは?②

Advertisment

はい、続きです。

私が最初、付帯費用の明細を見たときは「なんじゃこれ」って感じであんまり各項目のイメージがつきませんでした。

この記事を読んでくださっている方がしっかりとイメージをつかめるように、丁寧にご説明いたします。

さっそく、私どもがWAVEで出した見積もりから付帯費用を抜粋!

freek homesの価格一覧

296万円也!

けっこうすると思いませんか?

私最初に本体価格表 ↓ を見て「あらーステキー♡」なんて思ってたもんですから、もう目がテンですΣ(゚ロ゚」)」

ローファー無理じゃんよー(/TДT)/!!って泣きながらツッコミ入れました。→追記9/22:モザイクなしの価格表を掲載しました。こちらの記事へどうぞ(http://kawauso-no-yome.net/entry/2016/12/18/093216)

はい。

で、付帯費用のその内訳を見てまいりましょう。

……。

今見たらなんとなくわかるよね…っていうくらい工事名称が詳しいことに気づきました。( ↓ さっきの拡大図)

Advertisment

f:id:labra0403doll:20170203201903j:plain

 素人の私が敢えて説明するほどでもなかった…

いやーまぁ水道引っ張ったり、足場くんだり、木材の端くれ処分したり、掘り返した土運び出したり、木材運んで来たりとかそんな感じ!!!!

 

……やるせなす。

ともかく私たちの依頼した工務店のBinOシリーズでは上記の本体価格に一律296万円の付帯費用がつきます。

フリープラン(詳細はこちらの記事→いよいよ間取りが大詰めです。 – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫)だと263万円でした。

あとはオプションをプラスする、オプションを諦める標準の部分を削ってマイナスする…などなどでお値段が変わってきます。

本体価格も材料費の高騰などで度々変わるそうです。

※私たちが契約したのが12月頃だったんですが、今年に入って50万円ほど本体価格がアップしているそうです。木材が高いのかな?

少しは建物選びのお役に立てましたでしょうか?

付帯費用はキチンと確認してくださいね♡(お前がな)

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です