付帯費用に騙されるな

見積もりが来ない。

Advertisment

来ない見積もり…。

当初は12日に、ということだったんですが。

13日に営業担当の方からお電話をいただいた上に衝撃の一言

(電話が1日遅れだった時点で(゚ペ)?と思っていた。ちょっと厳しいですかね)

1900万円になったんですが、見積もりを組む部署でミスがあったので実際はもう少しお安くなると思います」

「今週中には訂正した見積もりができあがると思います」

おいおいヾ(^o^;)

どこがローコストやねん!

と、この記事を読んでくださっている方全員が、全力でツッコミを入れてくださったと思います。

ありがとうございます。

同感です。

だいたい見積もりでミスってなんなんでしょう?

期日通りにことを仕上げるのは、お給料をいただいて仕事する時点でごくごく普通のことだと思ってたんですが。

Advertisment

百歩譲って期日通りに出せないなら事前に連絡すべきなんじゃないかと。

宅建士の服装以来(だらしない宅建士が来た記事:手付金を支払ってきました。が、しかし。 – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫)、ちょっと怒ったぞ。

忙しいのはわかるけど…納期提示したのそっちでしょ。

「以前お渡ししたフリープランの見積もり価格1700万円 (過去記事いよいよ間取りが大詰めです。 – 平屋のローコスト住宅を建てる! BinO COVACO ⌂ ♫に近付くようにCOVACOとフリープランの両方で見積もりしてますので」

と言われて少しは溜飲が下がりましたが。

削れるところは削らなければローンを3000万円以内におさめるのは厳しいようです。

頭金が300万円なので総資金予算は3300万円。

土地代が1530万円なので何が何でも建物代は1770万円以内に収めます。

きっと腕の見せ所です。(誰に見せるんや)

どんな値段を突き付けられようとも!

このブログを書き始めた以上!

(いや、ほんとにこのブログも大勢の方に読んでいただけるようになり、感謝感激雨あられなのです。みなさまの期待を裏切らないように、というより自分たちの懐事情のために試行錯誤していこうと思います(/・・)/!)

今後も見守っていただければ幸いですm(_ _)m

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です