建物価格を値切る

建物も値切る。

本題の前にしゃべる。

さてさて我が家の建物予算は1770万円だということはすでにお伝え済みです。(過去記事:前回の見積もりから1750万円になりました。 – 平屋はローコストで建てられるのか)

そして、こちらの記事(過去記事:軒延長vs南外壁杉板が最終決着しました – 平屋はローコストで建てられるのか)で建物価格1750万円で最終契約に…という段階まできたんですが。

やっぱり軒のばしまーすよーぅ\( ̄^ ̄)/

お前安い方にする言うたやんってツッコミですよね…。

でもでもやっぱり我が家はこんなのを…

f:id:labra0403doll:20170227082950j:plain

想像しながらここまでやって来たわけです。

今更妥協できないッッ (>_< )Ξ( >_<)♡!!

実際こんなにかわいい言い方はしないが、建ったときの「え、コレ?(ポカーン)」っていうのも怖い。ヘンにケチりすぎて、一生に一度の買い物がこんなになっちゃった?という…。

ローンが増えるのも恐ろしいですが。

となれば私にできることはただ1つ…!

値切る。

ここまで清々しい(ガメつい)手段があるでしょうか。

タダでさえ馬車馬のように働いて下さっている担当さんの残業時間を増加させ、自分の利益だけを考える。

いやでももう迷っているヒマはないのです。

時間がありません。

だって契約は来週。

厚かましいと思われたって何千万というローンを払うのは、ほかの誰でもない私たちなんだッ(゚д゚)カッ!! 

Advertisment

担当、お前ではないッ!!

ということで直前ですが軒の長さを変更、値切るに至りました。

建物を値切る方法

土地のお値段を値切った話とその方法は以前書きましたので(過去記事:番外編①土地の値下げ交渉ってどうすりゃいいの! – 平屋はローコストで建てられるのか)、本記事では建物価格はどうすれば値切れますか?というご質問にお答えします。(誰にも聞かれてねーよ)

その①

単刀直入ッ!

多分、コレが一番です。

「予算は〇〇〇〇万を考えています。」
「それ以上は払えません。」もうキッと目をむいて言っちゃってください。

その②

情に訴える。

担当さんには見学時からたくさんお話をし、私たち家族のこれまでや今後、理想の老後などなど様々な事情を把握してもらっていると思います。

一緒に家を建てる人です。

同志のような仲間意識が芽生えています。

そこを利用します。

なんてゲスな野郎なんだ、ということは思っても言わないで下さい。

何度も言いますが何千万というローンを何十年もかけて払うのは私たちです。

セリフ具体例

「〇〇〇〇万円以上のローンとなると今後ローンのことで頭がいっぱいになりそうで、それって悲しいですよね…?せっかくこんないい土地にステキな平屋が建つのに…。」→9/22追記:これ、ほんとに言いました。効果があったかはわかりませんが、こちらのスタンスはとてもよく伝わったと思われます。

その③

他のオプションもつけるから割安にしてほしい、というのも鉄板じゃないでしょうか。

私たちは大したオプションがないのでこの手法は使えませんでしたが(〃 ̄ω ̄〃

けっこう多いみたいですね。

これでどれだけ割安になったか、ということは後ほどご報告いたします。

ちなみに値切る前のお値段は1850万円です!

担当さん、頑張ってくれぃ!!

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です