コバコを減坪しました

22坪でなんだか落ち着く間取りに。収納が消えた(笑)

Advertisment

ないなら作ればいいじゃないの

減坪したら収納スペースが減った
更新が遅くなりましたが、打ち合わせのペースがこんな感じなのでご容赦ください。

先日初めて設計担当の方とお会いし、今までお世話になってきた営業担当の方も同席の上私たちの家の近くで打ち合わせをしてもらいました。(0歳児と片道1時間半の電車旅って毎回大変だったんです…。本当にありがたい。)

基本的な間取りは前回契約したのですが、今回は22坪にならないか4人で知恵をしぼりました。

◇建物契約の話:建物契約に行ってきました。 – 都心通勤+58坪+庭付き+新築+注文+平屋=3300万円

というのも今でも土地1,530万円・建物1,800万円で3,330万円という合格ラインではあるんですが、諸経費を込みにすると3,500万円くらいになりそうで…。

諸経費込みで3,300万円にしたいんですよね…。

そしてこんなどケチな私たちの要望を、その場でサクサク形にしてくださる担当の方々には感謝。

話を戻して24坪を22坪にするためにはやっぱりどこかしら削らなければならないのですが、主にどこを削ったかというとホール主寝室お手洗いの3つです。

1.ホール

廊下なんかでもよく言われていますが、これはやっぱり動線的にもスペース的にも狭い方がいいそうですね。

幅が狭すぎるのは良くない(車イスが通れない、なんてことになって将来大がかりなリフォームが必要になったりする)んですが、基本歩くだけのところなので2.5畳くらいあったものをもう少し小さくしてみました。

2.主寝室

12畳あった夫婦の寝室を11畳か10畳(だったかな?)に。

12畳って言うとマンションのLDくらいあるわけですが、寝るだけのところだからもう少しせまくてもいいか…ということで。

ダブルベッドと私のデスクが置ければいいし、シーズンでないお洋服は外に保管するつもりなのであんまり収納も必要ないかな、と。

そりゃあるに越したことはないんですけど(笑)予算の関係で(笑)

3.お手洗い

1畳を0.75畳に。

私の実家のお手洗いが0.75畳なんですが特に狭くはないし、要は腰かけられればいいんじゃないの?ということで。

Advertisment

“お手洗いが癒しの空間なんだ”という方がたまにいらっしゃいます。(旦那さんがそうなんです。トイレにこもってタブレットでサッカーを見るのが落ち着くらしい…)

そういう方は少し広めの方がいいのかも。

あ、でも逆に広いと落ち着かないのか…?→9/22追記:実際に0.75畳のお手洗いに腰かけてみました。ぜんぜんイケます!むしろ落ち着く!迷ってらっしゃる方にはお手洗いの減坪、オススメです。

減坪間取り完成

そんなこんなで22坪の間取りができあがり、建物の北側が少し広くなったので大きめの物置を後日設置する予定です。(家の雰囲気にあったものですよ、もちろん!イナバの物置みたいなのじゃないですよ!失礼か)

境界線から120cmくらい幅がとれそうだとおっしゃっていたので、使い勝手もスムーズになりそうです。(24坪だと90cm)

気になるお値段は今計算してもらっている最中。

2坪減らしてさほどお値段変わらなければ、24坪のままいっちゃうかなぁ…。

また、わかり次第書きますので読んでやってください<(_ _)>

補足

南側の軒を長くしたので(理想と現実が交錯する軒の長さ:軒延長vs南外壁杉板が最終決着しました – 都心通勤+58坪+庭付き+新築+注文+平屋=3300万円)、浴室と洗面の窓の種類を変更しました。

軒が短いのに縦すべりにしてしまうと雨が降ったら窓も廊下もビチャビチャ…なんですが、せっかく軒が伸びたんだからと雨は気にしないで縦すべり窓にしてみることに。

というのも縦すべり窓は他の窓に比べて風通しが断然良いんですって!!

浴室の風遠しがいいって最高ですよね!!

私カビアレルギーなので本当嬉しい…。

いずれ窓の形状とその一長一短についてもまとめたいと思います。

Advertisment

投稿者: kawausonoyome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です