飯能市の住み心地~実際に住んでみてわかった良いところ8選~

Advertisment

 

これから飯能市やその近くへのお引越しをご検討されている方へ、今回は飯能市のアゲ記事です。

住んでみて「……( ;´Д`)」なところも知っておきたい方は以下の2記事も御覧になってみてください。

 


 

しかし、まぁ、いいところもたくさんあるんです!

 

※車を運転するようになって気づいたことばかりです。

車を持たないでこちらへ越してくる我が家のようなパターンはかなり少数派だと思いますので、今回は車がある前提でお話ししますね。

※飯能市はとても広いため平野部に限ったお話になります。最近開発が進んでいる起伏が多い地域ではまた違ってくると思います。

 

1.スーパーが多い

 

車を運転するようになって思いのほかスーパーが多いことに気づかされました。

しかも田舎らしく(笑)スーパーと同じ敷地内にドラッグストアや100均があったり、西松屋があったりして意外に便利なんです。

 

飯能駅から我が家間だけでもBig-Aやベルクにアルプス、ヤオコーなどお野菜の値段を比較するには十分なくらいのスーパーがそろっています。

ハシゴするにも車だとあっという間につく距離なので1.5歳の娘と一緒でも、さして苦にならないです。

駐車場も広いので満車で停められない、ということもないですしね。

 

あぁ、でも…小さなスーパーだと子供を乗せられるカートがなく、車で行ったはいいものの買ってまわる間ずっと抱っこ…なんてことになりかねないので気を付けた方がいいです。

飯能市の平野部~入間市あたりでチェーン展開しているスーパーはおおむね大丈夫でしたよ。

 

2.コストコが近い

 

我が家は引っ越してくる前からコストコ一家です。

コストコ専用の冷凍庫があり、大量の食物がストックされています。

スーパーに何度も行くのが面倒だし、行くと余計なものもついつい買ってしまうし…コストコならまとめ買いしてそれを少しづつ消費していくスタイルになるので、自然とスーパーに行く回数が減るという。

大容量で1つあたりの単価が高いので”何となく買い”もできないんですよね(笑)

今年は野菜が高騰していましたが、コストコの5kgのじゃがいもと5kgの玉ねぎと1.2kgの冷凍ブロッコリーとディナーロールは特に影響を受けておらず、我が家ではお鍋の代わりにチーズフォンデュが大流行しました。

ひき肉は2kg?だったかを小分けにして冷凍しておけばいつでもハンバーグが作れますし(つけあわせはブロッコリー(‘ω’))、本当に便利です。

先人のブログを参考にして「こういう使い方もあるんだ!」と勉強させてもらっています。

”家にあるもので作る訓練”にもなってコストコ様様です。

 

ちなみに、コストコ様は”大きなホットドッグに飲み放題のドリンクがついて¥180”という激安フードスポットでもあります。

アメリカンなピザは¥300。ボリュームは文句なしなのでこれにクラムチャウダーをつければ晩御飯いらないレベルにお腹いっぱいになれます。

家族3人で行っても¥1000前後で食事が済んでしまうので(マクドでもこうはいかない)本当にありがたいです。

 

もう、コストコに足を向けて眠れない…(;´・ω・)

 

3.100均の独立店舗が多い

 

こちらに来て、驚いたことトップ10にランクインすると思います。

それぐらい100均が独立して出店している…!

モールや駅ビルに入っているくらいの100均しか見たことがなかったので、「単体ってすごくない!?」と小躍りしました。(←100均好き)

お店の敷地もとても広いため品ぞろえも豊富で、以前住んでいたところとは比べ物にならない楽しさがあります(笑)

100均なら値段を気にせず何でも買えるので、前はセリアに行ったから今日はダイソー♪とお店を変えながらパトロールしております(‘◇’)ゞ

 

4.三井アウトレットパーク入間が近い

 

お隣の入間市に「三井アウトレットパーク入間」があります。

飯能市内から車で20分かからないくらいです。

道も単純。先ほど紹介したコストコのお隣にあります。

 

飯能市内で有名どころの衣料品店となると、駅ビルに「ユニクロ」、独立店舗だと「しまむら」「Avail」などの郊外型のお店がちらほら…という感じ。

アウトレットパークまで出るとお手頃な値段で、都心でも売られているようなブランドのお洋服が買えるので重宝しております。

洋服だけ買いに都心に出るってなかなか…子供がいると特に。

 

というわけで、オススメです!

あ、でもベビーカートがない(サービスカウンターにあるのかもしれないけど、スーパーみたいに出入り口にどこでも置いてある感じではない)ので車にベビーカーを積んでいった方が無難です。

 

5.関東近郊の代表的な観光地が近い

 

いずれも土曜日の午前9時半頃にグーグル先生で検索した結果がこちら。

・秩父  54分

・那須  2時間11分

・伊豆  2時間15分

・箱根  1時間35分

・軽井沢 2時間7分

・TDL 1時間25分

有名どころに土曜日でも3時間かからないで行けるという、地味にアクセスがいい飯能市。

Advertisment

実際は休憩を入れたりしてもう少しかかってしまうかもしれませんが、それでも1泊2日の小旅行なら十分な近さ。

道中もみんなでおしゃべりしたりSAに寄ったりとお楽しみがたくさんありますし、苦痛にならない程度の時間だと思います。

首都高を通らずに行けるのも個人的にポイントが高いです。(地下を長時間走るのはあまり好きでない。何とも言えない閉塞感が…)

 

※2/28追記 伊豆に行ってきました。
圏央道・小田原厚木連絡道路・伊豆スカイラインを経由し、お昼ご飯休憩1回・コンビニ休憩2回をはさみ、全行程ペーパードライバー卒業したてののんびり運転で4時間ほどでした。
伊豆スカイラインは最短経路ではなかったのですが、走ってみたかったので敢えて。
箱根駅前から伊豆スカイラインに入る手前まで、渋滞していました。

 

6.飯能市クリーンセンターが便利

 

引っ越し後に大量に出る不用品、段ボールや新聞紙…。

分別を気にかけてゴミの日にちょこちょこ捨てるのもいいですが「家の中にいつまでも目立つごみがあるのは落ち着かないなぁ」という方に朗報です!

 

飯能市には美杉台にクリーンセンターがあり、そこでは平日なら何でも持って行ってOKなんです!

お金もかかりません!

 

※10/1追記 40cm以上の粗大ごみはお金がかかります。
しかしながら持ち込む前に切り刻んだり、折りたたんで小さくしていくと無料になりますよ。

 

まず、敷地に入ったら受付を済ませます。

飯能市民であることを証明する必要はないので「住民票の異動がまだだよ~」なんて方でも問題ありませんよ。

 

※10/1追記 先日DIYで出たゴミを捨てに行ったら免許証の提示を求められました。
聞いてみると、身分証の提示or住所氏名の記入が必要とのこと。
飯能市以外の方は利用できない仕組みになったようです。

 

受付が済んだら奥に車を停めて各分別に従って捨てていきます。

古紙やプラ・粗大・ペットなど大きなカゴの前に担当の方が立ってくださっているので、分別がどうなるのかわからない場合は聞けば教えてくれます。

 

捨てたいときに捨てられるのでありがたい限りです。

持ち込む手間はかかりますが、引っ越し時の不用品はこちらに持ってきてしまってクリーンセンターで廃棄してしまう方が安く済むかもしれないですね。

前に我が家が住んでいたところは、”40cm以上の粗大・不燃は1つあたり540円のシールを購入して貼って、事前に予約して家の前に出す”というルールだったのです。

それに比べるとずいぶん良心的だなぁ、と思い紹介してみました(*’ω’*)

 

7.通勤時は必ず座れる

 

これは西武線に限ったお話です。(私が通勤で西武線を利用中です。八高線はわかりません、ごめんなさい)

飯能駅で乗れば、座れます。

具体的な時間としては、新宿にある会社に9時or10時出社なので、飯能駅を7時or8時台に出発する電車を利用しています。

 

都内につながる沿線の始発駅は快適か?という議論がありますが、飯能駅は快適です。

やはり都心から物理的な距離があるので朝早く出る必要はありますが電車に乗っている間はすみっこの壁にもたれて眠れると思うと、早起きした分は取り返せるような。

電車内では勉強したり読書しても良いわけで、どういう時間にするかは自分次第ですしね。

 

ちなみに、第二子が現在妊娠8か月なのですが、第一子のときは臨月に突入するギリギリまで埼京線に30分ほど揺られて通勤していました。

遅延がしょっちゅうで1時間弱たちっぱなしなんてこともザラでしたので、それに比べると今は23区にある同じ職場まで1時間10分座りっぱなしだけれど、辛さ的にはトントンな感じです。

埼京線では車内で立っていなければならないので貧血のクラクラ+吐き気のダブルパンチでしたが、こちらに来てからはとりあえず座れているため、クラクラは経験せずに済んでいます(‘◇’)ゞ

 

問題は帰宅時でしょうか。

始発となる池袋から尋常じゃないほどの人が長蛇の列を作り乗るわけで座れたもんじゃありません。

っていうか大きいお腹が変形するのでは!?と思うほど発車ギリギリまで人がギュウギュウ乗ってきます(;´・ω・)(所沢駅を過ぎたあたりでもしかしたら座れるかな?くらいに人が減ります)

なので、西武線は使わず東京メトロの副都心線で西武池袋線に乗り入れている車両に乗って帰っています。

そうするとなぜか混んでないんですよね。

どうしてかはわかりません(笑)

 

8.駅前駐輪場は無料

 

飯能駅・東飯能駅共に市営の駐輪場があり、いつでも利用できるようになっています。屋根はないです(笑)

東飯能駅には2つある駅の出口からそれぞれ歩いてすぐの場所にある一方、飯能駅は駅の南側にしかなく、しかも駅から3分ほど歩く住宅街の中にあります。(北側にある駐輪場は月極の有料駐輪場)

要するに、少し不便で夜は暗いので何度か利用する度に「娘が年ごろになったら夜一人で歩かせたくない道だなぁ」と思うようになり、私自身も利用するのをやめてしまいました。

乗り換えは面倒ですが車がないときは、最寄りの東飯能駅で自転車をとめて電車に乗るようにしています。

ちなみに飯能市の公共機関は東飯能駅付近にあります。(市役所や子供の定期健診が行われる保健センターなど)

あと、保育園も飯能駅ではなく東飯能駅付近に多いので、家の立地を考える際に西武池袋線の始発駅だからと飯能駅にこだわりすぎる必要はないかと思います。

 

どうでしたか?

 

飯能市の良さが少しは伝わりましたでしょうか?

住宅ローンや教育費などで海外旅行に行ったりできなくても、近場にお出かけスポットがたくさんあるので飽きずに休日をエンジョイできると思います。

みなさまが飯能ライフを楽しめますように!

 

おまけ

 

車での移動がメインでお出かけをそこそこの頻度で考えていらっしゃるなら、飯能市の平野部で国道299号線近くに家を買われることをオススメします。

駅チカならぬ国道チカです。

国道299号を通れば秩父にも圏央道にもすぐ入ることができるので何かと便利であること請け合いです。

年齢を重ねて車の運転が不安になっても、平野部なら最悪徒歩と自転車だけでも生活できますからね。(実際していたので間違いない)

ライフスタイルに合った立地はとても重要なので、どうか慎重に…。

 

Advertisment