防草シートの上に人工芝をDIY

Advertisment

 

今日はずいぶんあたたかくて半袖で作業するハメになりました。

先日敷いた防草シートの上に、楽天で購入した人工芝を敷いていきます。

 

 

敷き方は簡単!

①長さに合わせてカット

②シワやたるみがないようにピンで固定

という単純2ステップです!

 

まずは長さに合わせてカット

 

人工芝はかなーりきつく巻かれたロール状で届くので、最初は芝生がぺちゃんこになっております。

防草シートをDIY

日光に当てるとフサフサに戻るらしいので、気にしないで進めます。

私が使用したのはこちらの商品です。

レビューも良くて、期待を裏切らない実物感!

枯葉が少し混ざったような色合いのものを選びました。

フレッシュグリーンという緑が濃い色もありましたよ。

人工芝は意外にリアル。

カットしやすいかと言われると…従来品に比べればカットしやすいのかなぁ?

カッターで切っていくのですが、それなりに大変でした。

人工芝の裏はこんな感じ⇩で分厚いので、スーッと切れる感じではなく地道に切り進めていく感じでした。

防草シートをDIY。分厚い。

うっかり切りすぎた!という風にはならないと思うので、これはこれでいいのかもしれません。

長めにカットしておいた防草シートはキチンと折り曲げて、人工芝をかぶせます。

防草シートをDIY。防草シートの上に敷く。

人工芝は長すぎると裏の黒い部分がちょこっと見えてしまい人工芝感丸出しになってしまいますし、短すぎると下の防草シートが見えて論外なので丁寧に…。

 

水道のフタ?や桝?は切り込みを入れたり、くりぬいたりしてきちんと顔が出るようにしておきます。

防草シートをくりぬく

ちなみにくり抜くのはカッターで。

切り込みもカッターを使用しました。

あまりハサミは使わなかったです。

芝を一緒に切ってしまうとレビューを見たので、基本的には裏面からカッターで切っていきました。

 

カットを終えたらいよいよピンで固定

 

端っこからピンで固定していきます。

 

この時、芝生の毛先が流れている方をキレイに見せたい側にして敷くと、人工芝感が軽減されるらしいです。

我が家の場合だと道路から見たときにキレイであって欲しかったので、毛先が道路側に向くように敷きました。

写真の左側が道路側で、右側が家の外壁です。

人工芝を敷く方法

 

防草シートを固定した際にも使用したゴムハンマーを使っていきます。

毛足が3.5cmあると適当に打っても、ピンの存在はバレません(笑)

人工芝をDIY

写真右側の花壇との境にけっこう打ち込んであるのですが、わからないですよね。

 

シートとシートのつなぎ目はわかっちゃいますね…(笑)

Advertisment

人工芝のつなぎ目

芝生が起きたら少しはマシになるのかも?

水を撒くのも良いらしいのでやってみようと思いましたが、次の日偶然雨が降ったので、少し様子を見てみます。

 

番外編~車の下の砂利~

 

車の下は砂利にする予定なのですが、色付きのおしゃれな石って高いんですよね…。

例えば楽天で見つけた「ココアペイブ」という30mmサイズの砂利だと、

一般的な駐車スペースが2.5m×5mで12.5㎡くらい、

それを4cmの厚さで敷こうと思うと、

900kgも必要なんですよ!!

砂利だけで10万円弱かかってしまうという…。

高いなぁ。

 

それじゃあ、砕石に色付ければ良くない?

 

暴挙(笑)

防草シートを敷く前に掘り下げた際に出てきた大量の砕石。

捨てるの面倒だし、なんか死ぬほどいっぱいあるし、これからまだまだ出てきそうだし、この子たちにスプレーで色付けて撒けばよくない?と。

というわけで、やってみた。

砕石に色を付ける

掘り起こした砕石についた泥を水で適当に落として、乾かします。

乾いたらそのままスプレー吹きかけちゃいます。

こんな感じになりました。

砕石に色を付ける

なんかちょっとおいしそう(笑)

ツヤツヤしていて。

スプレーは高耐久のものを使用しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒペン 高耐久ラッカースプレー ライトブラウン 300ml
価格:495円(税込、送料別) (2018/3/4時点)

手間はかかりますがスプレーはそんなにすぐなくならないですし、下の方はこれでいいんじゃないかと思っています。

表面だけ「ココアペイブ」にする、とか…。

思いのほかスプレーの色が「ココアペイブ」に近くて、嬉しい。

 

そして、撒いてみる。

砕石に色を付けて駐車スペースに

「防草シートもブラウンだし、砕石も思いのほかキレイに色づいてるし、これで十分じゃない?」ってなりました。

少なくとも、ココアペイブの下に敷く分にはまったく問題なさそうです。

 

せっかくのマイホーム、どういじっても誰にも文句言われないので、ゆっくり時間をかけてやって行こうと思います。

とりあえずアマゾンは回避しましたし。

失敗したらしたで、笑っちゃえば…ね?

話のネタになりますし。

また経過をご報告したいと思います。

 

【後日談】

ちょっと手抜きしたら人工芝のつぎはぎ感がハンパなかったお話。

Advertisment