フリークホームズシリーズの住み心地に関する問い合わせ最多5選

Advertisment

こんにちは。

ますます春が近づいてきて、毎日あたたかいですね!

飯能市は絶賛花粉飛散中でございます…。

今日も車が黄色くなっていましたよ!

では、本編です。

 

フリークホームズやCOVACOが気になる方はお気軽に問い合わせフォームまで!!

 

コメント欄は公開が原則ですが、画面下のお問い合わせフォームは非公開なのでお金の話などあまり人に知られたくない場合はこちらを利用してみてくださいね(*’ω’*)

と、言いつつ問い合わせフォームを設置したのは最近。

それまではコメント欄のみ設置していたのですが、ある日を境にスパムが大量に押し寄せてくるようになり、今までいただいていたコメントを泣く泣く全て削除するハメになってしまい…。

せっかくなので今までいただいたご質問やそれに対する回答、ウチはこうしたああした、などを本記事でまとめてみたいと思います。

 

1.総額いくらでしたか?

 

ですよね、ですよね。

費用の問題って本当に切実なんですよね。

なのにフリークホームズの建物価格って情報がなさすぎ!

フリークシリーズ取扱店HPにもないですし、実際に支払った価格を記載しているブログもナシ…。(なのでここに書いてみたら工務店さんに「顧問弁護士に相談する」と脅されました。詳細は⇩の記事で)

なんてこともありつつ我が家がお世話になった工務店さんが下さった本体価格一覧表は⇩の記事で公開していますので、良ければご覧ください。

本体価格は取扱店さんによって異なるようですし、時期によっても上下があるようなので参考までに。

 

2.無垢材ってどうですか?

 

こちらもかなりの数のご質問が来ています。

特に女性の方から多数。

やっぱりお掃除とか気になるんですよね…。

お問い合わせの多さから独立した記事を書いてみましたので⇩をご覧くださいませ。

Advertisment

ちなみに「やっぱりフローリングにしといた方が良かったなぁ」と思ったことは今のところありません!

クッションフロアを敷くべきところに敷いておけば、無垢材っていいものですよ!

 

3.平屋にして後悔はありますか?狭くないですか?

 

ありません。

狭くもないです。今のところ(笑)

 

我が家は夫婦+2歳前の女の子+もうすぐ男の子が生まれるという家族構成で、3LDKの平屋に住んでいます。

・夫婦の部屋が1つ
・子供部屋が2つ(建てている当時は下の子の性別がまだわからなかったので念のため子供部屋を2つにした)
・リビング
・洗面
・浴室
・お手洗い
・ホール
・玄関
という、まったくムダのないモノができたと我ながら感動するくらい気に入っている間取りです。

生活動線も完璧。

 

でも、子供が大きくなったらどうなるんだろう…?と思い始めています(笑)

下の子が男の子とわかってからは余計に「手狭になるかな!?」などと10年以上先の心配を今からしている感じです。

まぁ手狭になっても買い替えたりする余裕はないんですけどね(笑)

 

さらにその先の未来となると、子供たちが家を出た時。

十分すぎる広さです。

家って難しい。

 

4.どんなところで費用を抑えましたか?

 

箇条書きにしてみると…、

・水回りのグレードダウン、もしくは標準で我慢
・できるところは全部DIY(外構は業者に頼むと100万円前後するのも珍しくない)
・建具や仕様をグレードダウン、もしくは標準で我慢
・オプションはよっぽどじゃない限りつけない
・効率の良い間取りを考える(廊下やホールが広くならないように。その分お部屋の広さに還元したり減坪したり)

こんな感じでしょうか。

 

やっぱり家を建てる時は理想が先行してあれもこれもとなってしまいますが、一度立ち止まって「それってずっと使い続けるの?」「本当に必要なの?代わりの方法は何かないの?」と確認してみるのがいいんじゃないかと思います。

 

そんなワケでオプションをほとんどつけていない我が家に厳選され採用された優秀オプションをついでにご紹介しておきます。

ホスクリーン
室内用物干しです。
天井からつり革みたいな輪っかが出てきて物干し竿をかけられるという優れモノ。
冬場で室内の乾燥が気になるとき、花粉の飛散が気になるときなどに重宝してます。(というか引っ越してきたから今までホスクリーンを使わなかったことがない)つけたときはこんなに使うとは思いもしませんでした。
何なら「寝ている間の加湿も兼ねて寝室にもつけておけば良かった」くらいの勢いです。
お値段は確か1~2万円くらいだったような?

寝室収納スペースの棚板・ハンガーパイプの設置
5万円弱しました。
突っ張り棒で代替できなくもないですが、耐荷重を考えると最初にきちんとつけておいてもらって良かったなぁ、と思うところです。
ハンガーパイプには大人2人分の冬物のコートやデニム、スーツなどを引っかけているのですがやはり重いですからね…。
突っ張り棒じゃムリだったと思います。
棚板も然り。
設置したおかげで重さのあるもの(コピー機や布団乾燥機、書類や工具などゴチャゴチャw)でも心置きなく収納できています。

・キッチンの吊戸棚
最初はナシで行こうと思っていたんです。
むちゃくちゃ料理に凝っているわけでもないし、私自身もともとモノは持たない主義の人間で…。
それでも付けておいて正解でした。
鉄板やブレンダー、お鍋、いざという時のカセットコンロなど使用頻度は高くないもののキッチンにないと不便なものが意外と…。
こちらは11万円?だったっけ…?
うろ覚えですみません。
もしかしたらもう少しお安かったかもですが、お値段なりの価値はあったと思われます!

 

5.背面キッチンってどうですか?

 

敢えて、背面キッチンにしてみました。

もともと住んでいたマンションは対面キッチンだったのですが、対面でも換気扇や調理の音で家族の声なんて聞えなかったんですよね…(笑)

 

”子供の様子が見える”というメリットは確かにあると思いますが、それは背面でも振り返れば同じなので…。(我が家の娘は私がキッチンにいるときは足元で遊んでいるかサークルの中にいます)

 

対面だと空間が区切られてしまってお部屋が狭く感じられる&お日様があまり入ってこない暗いキッチンになってしまう、ということもあり時代に逆行して背面キッチンを採用しました。
また、「海外 キッチン」で画像検索するとだいたいが背面キッチンなんですよね(笑)(結局は雰囲気)

 

個人的には大満足しています。
リビングも広く感じられますし、対面キッチンのときより家族とおしゃべりしやすく、動線的にも不便がないので。
毎日使うところなのでご自身にあったものをセレクトしてください!

 

ちなみに背面は「キッチンのゴチャゴチャが丸見えで恥ずかしい」なんてデメリットが挙げられたりしますが、これは正直見せ方というか収納の仕方次第だと思います…。
なのであまり気にしないで良いかと。

 

規格住宅でも自分なりのカスタマイズができるのがフリークホームズ

 

今回は過去のコメントやご質問の中でも特に多くいただいた内容をまとめさせていただきました。

少しはお役に立てそうでしょうか?

規格住宅でありながら様々なカスタマイズ可能なのがフリークホームズのいいところだと思います。

パンフレットの間取りやグレードに型をはめず、知恵を絞ってみてくださいな…(*’ω’*)

Advertisment

コメントを残す